6年生保健指導

賞状


 7月10日の午前中は休診にして天王寺小学校の6年生歯・口の健康教室に出務した。市教委からHさんが来られた。6年生では主に歯周病について勉強する。自分の前歯の歯肉を観察して少しでも腫れているところがあれば、チェックする。生活習慣も調べるので好き嫌いはないかとか、よく咬んでいるか、歯みがきはちゃんとしているか、などを自分で考えてレーダーチャートを作成する。感想を書いた用紙をみたHさんは、漢字を多く使って書いている!と感心されていた。さすが天小っ子である。

授業はHさんが進められるが、私は前座でいつものようにクイズを5問出した。6年生は2クラスあるが、今回は同じ問題を出した。最初の6年2組では全問正解者が無かったのに、1組では何と13人も全問正解だった。賞状を作成すると言ったので、養護教諭のM先生は遠慮気味に児童の名前を書いた紙を渡して下さった。そして作成したのがこの賞状。今まではA4サイズだったが、大きいのを貰っても持って帰るのも大変だろうと思い、その半分のA5サイズにした。6年生といってもまだまだ天王寺小学校の児童は幼くて可愛い。昨日の休診日に学校に届けた。M先生は「まぁ、可愛い!」と言って下さったが、子どもたちは喜んでくれただろうか?

 ところで出した5題は以下の通り。
1.上顎に前歯があるのはどれでしょう?
①ウマ ②ウシ ③キリン
2.野生のライオンの歯が抜けたらどうなるでしょうか?
①生きて行けなくなる ②仲間が食べさせてくれる ③草を食べるようになる
3.歯周病は大人だけの病気である。
 ①○ ②×
4.歯は何によって支えられているでしょう?
  ①歯肉②軟骨③あごの骨
5.歯周病とはどういう病気でしょうか?
①加齢による病気 ②伝染病 ③不潔による病気

(正解は1.① 2.① 3.② 4.③ 5.③)

宮川町

IMG_1033.jpg

 先週の土曜日、市学歯の移動理事会で京都に行った。その前の週に続いての京都。今回は祇園四条駅近くの宮川町にあるお茶屋「みやき」という店で開催となった。理事会資料を持ってO会長とK常務と私の三人は先発隊として先に「みやき」に行き、資料を机の上に置いて、祇園四条駅まで出席される理事を迎えた。理事会は4時から5時半の予定だったが、懇親会場も同じなので6時からの懇親会に間に合うように少し延長できた。この部屋は床の間や違い棚があり、純和風の造りは私の実家を思い出させてくれた。

 理事会では特にフッ化物洗口について、全理事の意見を聞いた。大阪市立の小学校は4年生でフッ化物塗布を授業の一コマを使って、保健指導も行い、昭和45年から実施している。それが昨今、フッ化物洗口のように低濃度のフッ素をいつも利用して、いわゆるエナメル質の再石灰化を促進させるように少し事業が始まった当初とは考え方も変わっている。この数年、市学歯もO会長の肝入りで、フッ化物の第一人者の大学教授に講習会をしてもらったり、積極的にフッ化物洗口を実施している京都市で実際に最初から取り組みに関わった先生に来て貰ったり、勉強をしてきた。そこでフッ化物塗布よりフッ化物洗口が学校の現場では良いことが分かってきた。永年続いてきた事業を変えることは大変なことであるが、今のO会長と市教委との関係ならきっと実現できると信じている。

 懇親会には2人の芸舞妓さんが来てくれた。参加した17名の理事は3つの机に別れて座り、各机を回ってくれた。写真も自由に撮ることができたので、N副会長も嬉しそうに芸舞妓さんと撮ってもらっていたが、もうひとりのN副会長がそんな嬉しそうな顔は初めて見たというほど嬉しそうだった。料理も純和風料理で美味しかった。今回から新しく理事に就任された二人の先生も初めて理事会に出席されたが、すっかり楽しそうに打ち解けておられた。

 二次会は近くのスナックに行った。ここにも芸舞妓さんは来てくれて、我々の話に加わってくれた。移動理事会は毎年7月に開催されて、1年毎に一泊の旅行と今回のように日帰りの食事を交互に行っている。九州歯科大学同窓会近畿・北陸地区連合会の総会と重なることも何度かあり、総会の閉会の辞を話したあと、すぐ一人遅れて鳥羽に向かったこともあったが、今回は先々週に総会が開催されたので大丈夫だった。

 集合写真では全員が実に楽しそうな顔をしている。ところでいつも市学歯の集合写真を見ると私の背後にはK常務が写っている。それも私の頭を触ったり、今回のように頬を触っていたり・・。本当に面白い先生だと思う。

7月の始まりは京都にて

IMG_20170701_191256.jpg

 はや7月になった。その初日、第62回九州歯科大学同窓会近畿・北陸地区連合会総会、講演会、懇親会がANAクラウンプラザホテル京都にて開催された。兵庫県のT会長が就任されて4年が過ぎ、最後の総会となった。私も副会長として最後の開会の挨拶をした。新しく大阪府同窓会のO会長が新会長に就任された。私は滋賀県のY副会長と一緒に監事になった。開会の挨拶で話した通り、大阪の夏祭りは6月30日の愛染祭りに始まり、京都でも祇園祭は7月1日に始まるが、私の夏の始まりは毎年この総会であると思う。年に一度しか会えない会員の先生と旧交を温めるのは本当に嬉しい(実際は役員会などで会っているので本当に年に一度しか会えない人は少ないが)。先月の役員会で、専務理事で硬式庭球部の後輩のI先生とテニス部のOBで集合写真を撮ろうと約束していた通りに撮ることができた。この10名のOBの中で私は上から3番目に年寄りの学年だった。そんなことは関係なく話ができたことが楽しかった。最後、出席者全員の前で舞台に上がりエールを送ってくれたのもここに写っているテニス部の後輩で女性のS先生だった。

 P7011031.jpg

 京都での総会は、毎年芸舞妓さんが来てくれるが、今年も来てくれた。ひとりが歌と三味線、ふたりが踊って下さった。2曲目の曲が良く聞いた曲だったので、後ほどテーブルに来てくれた三味線を弾いておられた人に曲名を聞いた。「祇園小唄」というらしい。調べたら昭和5年に発表された曲とのこと。赤い灯、青い灯の「道頓堀行進曲」(昭和4年)の頃で、同じ頃でも大阪と京都では大いに違うと思った。芸子さんの写真はテニス部の後輩が撮影したものである。(素晴らしい!)

天王寺小学校での歯科保健指導

IMG_20170622_104931.jpg
 6月は「歯と口の健康週間」があるので、私が学校歯科医を務める大阪市立天王寺小学校でも色々と関連行事が実施されている。9日(金)には、第74回ライオン歯みがき大会があった。これまでは特定の日に全国一斉の開催でインターネットによる参加で回線の調子が悪くなることもあったようで、養護教諭に薦めてもなかなか良い返事を頂けなかったが、今回はDVDにより希望する日に開催できることとなり初参加となった。5年生2クラスが多目的室に集まり、大阪府歯科医師会附属歯科衛生士専門学校の3年生が来てくれて生徒3人にひとりの感じで指導にあたってくれた。私は後ろから見ていたが、全員楽しそうに参加しているのがよく分かった。この歯みがき大会に参加した5年生を含む4・5・6年生の定期健康診断が15日(木)の午前中あった。さらに16日(金)は3年生の2クラスの歯みがき指導のため再度歯科衛生士専門学校の3年生が来てくれた。4人で1チームになり、2チーム8名で指導をしてくれた。専任の先生も2名付き添いで来て下さった。何も見ないで上手に話をするので、先生にお聞きしたら、学生さんは相当練習を積まれたようだ。終わってから保健室で褒めてあげた。

 そして昨日22日は1・2・3年生の歯科検診。養護教諭のM先生は、数年前から検診の前に写真のように資料を使い、講話をするようにして下さっている。歯科検診はスクリーニングであるが、特にCO.GOの生徒には保健教育が欠かせない。検診の途中でそのような生徒には手鏡を持たせて「ここ気をつけてね」と指導している。天王寺小学校のホームページに私の講話風景が載っている。みんな、真剣に聞いてくれているのがよくわかり嬉しい。

歯と口の健康週間

 港区

 6月になった。歯と口の健康週間もあることで色々と歯や口のことが取り上げられる月である。6月3日(土)は、第35回歯の健康展(歯展)が天王寺区民センターで開催された。昭和59年に第1回歯展が開催されたが、その年はちょうど私が開業した年でもあった。まさに私の開業人生は歯展と共に今まで歩んできたことになる。平成10年、第10回の節目の歯展からそれまでの保健所(現在は保健福祉センター分館)での小規模の開催から、さまざまな関係団体の協力を得て大々的な開催となり、現在に至っている。このような形に代えての開催にしたこととそれを今まで継続して開催していることの2点において凄いことと思う。大阪市内の区でもこれほど歯の健康展を続けているところは少ないと思う。毎年8020表彰に私の歯科医院から推薦していたが、今回は残念ながら該当される患者さんがおられず見送ったが、来年はぜひ推薦してあげたいと思う。

 この日は、港区学校歯科医会の研修会に呼ばれていたので、終了後の全員による集合写真には写ることができず、会場の弁天町に移動した。総会の途中だったので、暫く後ろの席で待たせて頂き、早速研修会に入った。平成25年以来、2度目の港区での研修会で、S支部長やH先生、T先生と顔馴染みの先生が居られて、何より港区のフレンドリーな雰囲気に助けられて緊張感も解れた。1時間ほど、パワーポイントのスライドを使って話をさせて頂いた。学校歯科健診はスクリーニングですと強調して説明したが、数日後にタイムリーに日本学校歯科医会から会員にポスターが届き、そこには「学校の歯科健康診断は歯と口の状態を「健康」「要観察」「要受診」にスクリーニング(ふるい分け)し学校での保健教育に役立てるものです」と書いてあった。きっと港区の先生は私の話を思い出して下さったかも知れない?と思った。

 大阪港が見える20階の素晴らしい会場での懇親会は料理も美味しく、何より話が楽しかった。自己紹介をメモを取りながら聞いた。港区は戦前30万人もの人口があったことも初めて知った。その後、二次会も阿波座でやりますから是非と誘われ、またここでも楽しいひとときを過ごすことができて、S支部長はじめ港区の会員の先生方には心より感謝している。
プロフィール

momochikanon

Author:momochikanon
大阪・天王寺で開業している歯科医師のブログです。天王寺区歯科医師会、大阪市学校歯科医会、九州歯科大学大阪府同窓会、などで知り合った方々との交流を第一に考え、趣味でフランス語を勉強しています。(仏検2級)家族は家内、娘二人、孫一人です。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
星が見える名言集100
カテゴリ
QRコード
QR
訪問者数